« ジャン・トッドFIA会長、F1の将来について力説 | トップページ | フェラーリ会長の弟、ルクレールの跳ね馬移籍フライング祝辞 »

2018/09/08

マグヌッセン、バンドーン(マクラーレン)の境遇に同情

Kevin Magnussen (C)McLaren Group
拡大します
マシンの戦闘力不足もあり、期待された成績が挙げられなかったマクラーレン・チームのストッフェル・バンドーンだが、自身のパフォーマンスを発揮できないままチームから放出が決まった。
これについて、以前やはり同様にマクラーレン・チームを追われたケビン・マグヌッセン(ハース)が、同じようなその境遇に配慮を示した。

「僕はバンドーンにF1で通用するだけの才能があると確信しているよ。
でもドライバーは自分の腕だけで速くは走れないんだ。
誰だって、優れたマシンを与えられなければレースに勝つことなんかできやしない。
チームは全体を見て判断しなければいけない。
マクラーレンのように、すぐに首をすげ替えていたんでは、良いドライバーは育たないんだ。
彼にはこの経験を活かしてまた別のチームで頑張って欲しい」と、エール。

マグヌッセンは、父(ヤン)も走ったマクラーンで2014年にデビュー、デビュー戦でいきなり2位入賞を果たしたが、翌年は開幕戦を最後にわずか1年で早くも放出の浮き目に遭っている。

|

« ジャン・トッドFIA会長、F1の将来について力説 | トップページ | フェラーリ会長の弟、ルクレールの跳ね馬移籍フライング祝辞 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67140291

この記事へのトラックバック一覧です: マグヌッセン、バンドーン(マクラーレン)の境遇に同情:

« ジャン・トッドFIA会長、F1の将来について力説 | トップページ | フェラーリ会長の弟、ルクレールの跳ね馬移籍フライング祝辞 »