« シンガポールGP予選Q1、リカルド最速タイム | トップページ | シンガポールGP予選、ハミルトン(メルセデス)圧巻のPP »

2018/09/15

シンガポールGP予選Q2、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム

引き続きシンガポールGP予選は15分間のQ2が行われた。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。

途中、最初のアタックでルクレール(ザウバー)が右側面をウォールに軽くヒットさせる場面がみられた。
ここでトップとなったのはライコネン(フェラーリ)、0.020秒差で2番手にフェルスタッペン(レッドブル)、3番手ボタス(メルセデス)、4番手ハミルトン(メルセデス)、5番手リカルド(レッドブル)、6番手ベッテル(フェラーリ)、7番手ペレス(フォース・インディア)、8番手グロージャン(ハース)、9番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、10番手オコン(フォース・インディア)までがQ3進出を決めた。

ここで敗退となったのはアロンソ(マクラーレン)、サインツ(ルノー)、ルクレール(ザウバー)、エリクソン(ザウバー)、そしてガスリー(トロ・ロッソ)の5台となった。

|

« シンガポールGP予選Q1、リカルド最速タイム | トップページ | シンガポールGP予選、ハミルトン(メルセデス)圧巻のPP »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67172248

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールGP予選Q2、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム:

« シンガポールGP予選Q1、リカルド最速タイム | トップページ | シンガポールGP予選、ハミルトン(メルセデス)圧巻のPP »