« ロシアGPフリー3回目、ハミルトン(メルセデス)依然最速 | トップページ | ロシアGP予選Q2、ノータイムが5台の椿事 »

2018/09/29

ロシアGP予選Q1、ハートリー(トロ・ロッソ)脱落

29日(土)、ソチ・サーキットを舞台にロシアGPの公式予選Q1が始められた。
18分間で争われるここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。
セッション開始時の気温は24度、路面温度は37度、路面はドライコンディション、雨の心配はなさそうだが風はかなり強い。

セッション終了間際にシロトキン(ウィリアムズ)がスピンして緊張が走ったが、すぐに復帰したためわずかにイエローに留まった。
トップはハミルトン(メルセデス)で1'32.410のベストタイム。
2番手ボタス(メルセデス)、3番手フェルスタッペン(レッドブル)、4番手リカルド(レッドブル)、5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手ベッテル(フェラーリ)、7番手ルクレール(ザウバー)、8番手グロージャン(ハース)、9番手マグヌッセン(ハース)、10番手がペレス(フォース・インディア)となった。

ここでの敗退はハートリー(トロ・ロッソ)、アロンソ(マクラーレン)、シロトキン(ウィリアムズ)、バンドーン(マクラーレン)、そしてストロール(ウィリアムズ)の5台となった。

|

« ロシアGPフリー3回目、ハミルトン(メルセデス)依然最速 | トップページ | ロシアGP予選Q2、ノータイムが5台の椿事 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67221639

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアGP予選Q1、ハートリー(トロ・ロッソ)脱落:

« ロシアGPフリー3回目、ハミルトン(メルセデス)依然最速 | トップページ | ロシアGP予選Q2、ノータイムが5台の椿事 »