« シンガポールGP予選Q2、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | 危険リリースでフォース・インディア・チームに罰金 »

2018/09/15

シンガポールGP予選、ハミルトン(メルセデス)圧巻のPP

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
15日(土)、1,700個余りのライトに照らされた夜のマリーナ・ベイ・サーキットを舞台にシンガポールGP公式予選が行われた。
ポールポジションは1回目のアタックでコースレコードを叩き出したハミルトン(メルセデス)の手に。
ハミルトンのポールはベルギーGP以来で今季7回目、自身通算79回目の快挙。
またここシンガポールでは4回目となりベッテルの記録に並んでみせた。

2番手はフェルスタッペン(レッドブル)、3番手ベッテル(フェラーリ)、4番手ボタス(メルセデス)、5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手リカルド(レッドブル)と3チーム6強が独占、これに次ぐ7番手にペレス(フォース・インディア)、8番手グロージャン(ハース)、9番手オコン(フォース・インディア)、10番手がヒュルケンバーグ(ルノー)となった。

ただ予選上位の10台はいずれもライフが短いとされるハイパーソフトタイヤでのスタートを余儀なくされるので注目だ。
シンガポールGP決勝レースは16日(日)の現地時間20時10分(日本時間:21時10分)から行われる。

シンガポールGP公式予選の結果はこちら
シンガポールGPの画像はこちら

|

« シンガポールGP予選Q2、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | 危険リリースでフォース・インディア・チームに罰金 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67172328

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールGP予選、ハミルトン(メルセデス)圧巻のPP:

« シンガポールGP予選Q2、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | 危険リリースでフォース・インディア・チームに罰金 »