« メルセデス、オコン(F・インディア)との若手契約解除の方向 | トップページ | マグヌッセン、バンドーン(マクラーレン)の境遇に同情 »

2018/09/08

ジャン・トッドFIA会長、F1の将来について力説

Jean Todt (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッドFIA会長が、巷でいろいろ議論のあるF1の将来について自身の見解を明らかにした。
これは世界的な環境問題の趨勢から、モーターレーシングの最高峰であるF1も電気自動車に移行するのでは、という指摘を受けてのもの。

これについて今年72歳になるこのフランス人は、「F1とフォーミュラEとはまったく違うカテゴリーのスポーツだ。
これは双方のパフォーマンスを比べてみれば明らかな話。
電気自動車にはF1のスペクタクルなスピードは決して出せない。
だからこっちは市街地コースでレースをやっているんだ。
もしもフォーミュラEのマシンをモンツァに運んでレースをやったとしたら、面白くも何ともないことだろう。
F1はすべての技術力の最高峰で、まさしくモーターレーシングの頂点なんだ」

言うまでもなくトッド氏はかつてフェラーリ・チームの監督として采配を振るった、F1を知り尽くした人物の一人だ。

|

« メルセデス、オコン(F・インディア)との若手契約解除の方向 | トップページ | マグヌッセン、バンドーン(マクラーレン)の境遇に同情 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67140282

この記事へのトラックバック一覧です: ジャン・トッドFIA会長、F1の将来について力説:

« メルセデス、オコン(F・インディア)との若手契約解除の方向 | トップページ | マグヌッセン、バンドーン(マクラーレン)の境遇に同情 »