« ハンコック(韓国)、2020年以降のF1タイヤ供給に入札 | トップページ | 2019年のF1は新たに予選Q4も登場か »

2018/09/23

F・インディア、ロシアGPフリーにニコラス・ラティフィ起用へ

Nicholas Latifi (C)Renault Sport
運営母体も変わり、飛躍を目指すフォース・インディア・チームでは、来週末行われるロシアGPのフリー走行1回目セッションに、同チームの開発ドライバーであるニコラス・ラティフィ(23歳:カナダ)を起用する方針を明らかにした。
ラティフィは今季すでに第7戦のカナダGPと第11戦のドイツGPでもフリー走行セッションを走っていて、これが通算3回目の出走ということになる。

これについてラティフィは、「もちろん最大の目的は開発ドライバーの一員としてチームの為にデータを収集することだけど、僕自身の経験の為にもこれが役に立っているんだ。
それが直接チームの戦績に繋がることでもあるし、とてもやり甲斐のある仕事だよ」と、期待に胸を膨らませた。

なおかつてルノー・チームに所属、現在はF1傘下のF2シリーズに参戦するラティフィの、父親マイケル氏はマクラーレン・グループの株主の一人でもある。

|

« ハンコック(韓国)、2020年以降のF1タイヤ供給に入札 | トップページ | 2019年のF1は新たに予選Q4も登場か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67195621

この記事へのトラックバック一覧です: F・インディア、ロシアGPフリーにニコラス・ラティフィ起用へ:

« ハンコック(韓国)、2020年以降のF1タイヤ供給に入札 | トップページ | 2019年のF1は新たに予選Q4も登場か »