« ホンダ、「スペック3仕様」をロシアで投入の噂 | トップページ | フェラーリ首脳、2021年以降のF1参戦計画は「まだ不透明」 »

2018/09/20

フェラーリ・エンジンが目下、F1で最強に

Ferrari V6 Engine (C)Ferrari S.p.A
拡大します
データソースにより数字が異なるため、各メーカーともエンジン出力を公表していない現在、一概に出力を比較するのは困難だが、揃って言えるのは目下フェラーリ・エンジンが最強だろうということだ。

これまで4シーズンに渡って無敵を誇ったメルセデスは、約980馬力と言われるが、現在のフェラーリはこれよりさらに10馬力以上大きく、F1最強となる夢の1000馬力に迫るとされる。
これを裏付けるようにフェラーリ・エンジンのカスタマー・チームであるハースF1とザウバーもこのところ戦闘力をアップさせている。

ホンダは約930馬力で、これはルノーの最新仕様である『Cスペック』には劣るものの、ルノー現行の『Bスペック』は凌駕したとされる。
『Cスペック』はしかし信頼性にまだ難があるということで実際に採用しているのはレッドブル・レーシングだけ、本家ルノー・チームとマクラーレンは『Bスペック』のまま。
ホンダは早ければ次戦ロシアGPにも『スペック3』投入とも言われている。

|

« ホンダ、「スペック3仕様」をロシアで投入の噂 | トップページ | フェラーリ首脳、2021年以降のF1参戦計画は「まだ不透明」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67187015

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ・エンジンが目下、F1で最強に:

« ホンダ、「スペック3仕様」をロシアで投入の噂 | トップページ | フェラーリ首脳、2021年以降のF1参戦計画は「まだ不透明」 »