« FIA、フェラーリの「アイスバッグ」に禁止令 | トップページ | ルクレール(ザウバー)のフェラーリ入り延期の噂急浮上 »

2018/09/09

2021年の新規メーカー参入にもFIA懐疑的

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は2021年からの大幅なF1レギュレーションの改訂を計画しているが、これに合わせ新規のエンジン・サプライヤーの参入を期待している。
そのため現行のエンジン・レギュレーションをより簡素なものとしPU(パワーユニット)のコスト削減を図っているとのことだ。

しかしここまでのところF1ストラテジーグループでもまだレギュレーションは合意に至っておらず、これを見透かしたように新規参入についても関心を示したメーカーは複数あったものの、その後正式な参入の意思は示していないという。

現在F1にはメルセデスを始めフェラーリ、ルノー、そしてホンダの4社が参画しているが、レギュレーションの行方次第ではこれらの中からも撤退の可能性があり、FIAはF1の将来を見据え頭を痛めているようだ。

|

« FIA、フェラーリの「アイスバッグ」に禁止令 | トップページ | ルクレール(ザウバー)のフェラーリ入り延期の噂急浮上 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67143259

この記事へのトラックバック一覧です: 2021年の新規メーカー参入にもFIA懐疑的:

« FIA、フェラーリの「アイスバッグ」に禁止令 | トップページ | ルクレール(ザウバー)のフェラーリ入り延期の噂急浮上 »