« レッドブル、新人ダニエル・ティクトゥムにご執心 | トップページ | F・インディア、ロシアGPフリーにニコラス・ラティフィ起用へ »

2018/09/22

ハンコック(韓国)、2020年以降のF1タイヤ供給に入札

Hankoook Tyre (C)Hankoook Tyre
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は現在のピレリタイヤとの供給契約が満了する2020年以降の契約について、8月末まで公募を行っていたが、これに韓国の大手タイヤ・メーカーである『ハンコック』が入札したことが明らかとなった。
それによればハンコックはすでにFIAによる最初の審査で技術面や安全面などについて基準に達していると認められたという。

2020年以降の供給については現在独占供給するピレリが応札することを明言していて、これにより複数メーカーによる競合になることが必至となった。
他にもミシュラン(フランス)の応募も伝えられていたがこちらは実際に入札したか不明。
ただF1タイヤは翌2021年から大幅に変更されることが決まっていて、新規参入の場合2020年用タイヤは1年限りのものとなる。

|

« レッドブル、新人ダニエル・ティクトゥムにご執心 | トップページ | F・インディア、ロシアGPフリーにニコラス・ラティフィ起用へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67194175

この記事へのトラックバック一覧です: ハンコック(韓国)、2020年以降のF1タイヤ供給に入札:

« レッドブル、新人ダニエル・ティクトゥムにご執心 | トップページ | F・インディア、ロシアGPフリーにニコラス・ラティフィ起用へ »