« シューマッハ&ティクトゥム、新たな場外バトルか | トップページ | レッドブル、日本GPで「トロ・ロッソ・ホンダ・オリジナル缶」 »

2018/09/27

ミシュラン、2020年のF1タイヤ供給入札不参加を明言

Michelin Tyre (C)Redbull Racing
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は現行のピレリタイヤとのF1タイヤ独占供給契約が満了する2020年以降について、公募を行ってきたが、これに応札したのがピレリ(イタリア)とハンコック(韓国)の2社に絞られたことが確実となった。
これは、かねてF1復帰に関心を示していたとされるミシュラン(フランス)が、入札に応じなかったことを認めたため明らかになったもの。

ハンコックはすでに最初の技術・安全検査をクリアしたと伝えられていて、これにより2020年からのF1タイヤはピレリvsハンコックの一騎討ちになることが確定したことになる。

ただFIAは2021年からのF1タイヤについて現行の13インチから18インチへの拡大など大幅な変更を明らかにしていて、2020年に新規参入となればF1経験のないハンコックは1年限りのタイヤ開発をも強いられることになり、不利な状況は免れなさそうだ。

|

« シューマッハ&ティクトゥム、新たな場外バトルか | トップページ | レッドブル、日本GPで「トロ・ロッソ・ホンダ・オリジナル缶」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67209127

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュラン、2020年のF1タイヤ供給入札不参加を明言:

« シューマッハ&ティクトゥム、新たな場外バトルか | トップページ | レッドブル、日本GPで「トロ・ロッソ・ホンダ・オリジナル缶」 »