« レッドブル、「フェルスタッペンのサインツ拒否説」否定 | トップページ | 「来季シートはいずれも白紙」と、マクラーレン首脳 »

2018/08/10

チーム買収で移籍必至のセルジオ・ペレス(フォース・インディア)

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
財政破綻したフォース・インディア・チームがランス・ストロール(ウィリアムズ)の父親であるローレンス・ストロール氏らのコンソーシアムにより買収されたことで、同チームのセルジオ・ペレス(28歳:メキシコ)の移籍は必至の模様だ。

というのもチームを破産管理に追い込んだ債権者の一人としてペレス自身が加わっていたからだ。
チーム経営陣の中にはこれを逆恨みしている向きもあるということでチーム内での雰囲気は悪い方向に傾いているとされる。

チームは買収により救われたが、2014年から同チームで走るペレスが離脱が確実視されるのに加え、もう一人のレースドライバーであるエステバン・オコン(21歳:フランス)のほうもメルセデス傘下のドライバーであることから来季はフォース・インディアにいないのではとみられている。

その一方で成り行き上、ランス・ストロールがウィリアムズからフォース・インディアに移籍するのも確実の方向だ。

|

« レッドブル、「フェルスタッペンのサインツ拒否説」否定 | トップページ | 「来季シートはいずれも白紙」と、マクラーレン首脳 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67039840

この記事へのトラックバック一覧です: チーム買収で移籍必至のセルジオ・ペレス(フォース・インディア):

« レッドブル、「フェルスタッペンのサインツ拒否説」否定 | トップページ | 「来季シートはいずれも白紙」と、マクラーレン首脳 »