« クビサ(ウィリアムズ)、「今の仕事に満足」 | トップページ | ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ)、来季レッドブルに昇格決定 »

2018/08/21

レッドブル首脳、スーパーライセンス制度に不満

F1 Superlicense
拡大します
ダニエル・リカルドのルノー移籍により、来季のレースドライバー・ラインナップに大きな動きがあるとみられるレッドブル・グループだが、事実上決定の責任者であるヘルムート・マルコ博士(レーシング・アドバイザー)は現行のスーパーライセンス制度に不満をみせている。

それによれば新人発掘で定評のあるトロ・ロッソでは、来季候補としてまだ19歳のダン・ティクトゥム(イギリス)抜擢の可能性が囁かれ始めているが、まだF1参戦に必要なスーパーライセンスが獲得できていない。

現在のスーパーライセンス制度ではF2シリーズなど10数種類のシリーズにポイントが振り分けられているが、F1出走に必要な40ポイントが得られるのはF2とインディカーの2シリーズのみ。
ティクトゥムが参戦するヨーロッパF3ではチャンピオンになったとしても30ポイントしか得られずスーパーライセンスは獲得できないことになる。

マルコ博士は「」こんな制度でどうやって有望な若手を発掘できるというんだ」と、憤懣やるかたない。
ティクトゥムは先に行われたハンガロリンク合同テストでFIA(国際自動車連盟)から参加が認められなかった経緯がある。

|

« クビサ(ウィリアムズ)、「今の仕事に満足」 | トップページ | ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ)、来季レッドブルに昇格決定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67079749

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル首脳、スーパーライセンス制度に不満:

« クビサ(ウィリアムズ)、「今の仕事に満足」 | トップページ | ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ)、来季レッドブルに昇格決定 »