« ライコネン(フェラーリ)、「まだ来季シートはわからない」 | トップページ | アンドレッティ・オートスポーツ、アロンソ側に決断迫る »

2018/08/04

肺移植の手術受けていたニキ・ラウダ氏(メルセデス)

Niki Lauda (C)Mercedes Motorsport
拡大します
元3回のF1チャンピオンで、現在はメルセデス・モータースポーツ/CEO(最高経営責任者)でもあるニキ・ラウダ氏(69歳:オーストリア)が、肺移植の手術を受けていたことがわかった。

それによれば1978年ドイツGPでのアクシデントで「不死鳥」と言われた同氏だがこのところ体調不良を訴え、母国オーストリア・ウィーンの総合病院に入院していたとのこと。
手術は成功裡に終わったということで、術後の容態は順調とのことだ。

|

« ライコネン(フェラーリ)、「まだ来季シートはわからない」 | トップページ | アンドレッティ・オートスポーツ、アロンソ側に決断迫る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67016151

この記事へのトラックバック一覧です: 肺移植の手術受けていたニキ・ラウダ氏(メルセデス):

« ライコネン(フェラーリ)、「まだ来季シートはわからない」 | トップページ | アンドレッティ・オートスポーツ、アロンソ側に決断迫る »