« ホンダは「いつも通りの金曜日」を強調 | トップページ | 予選Q1、マクラーレン勢全滅 »

2018/08/25

ベルギーGPフリー3回目、フェラーリ勢が1-2タイム

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
25日(土)12時(日本時間:19時)から、公式予選を前にスパフランコルシャンを舞台にして今季F1第13戦ベルギーGPのフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の気温は12度、路面温度は19度まで低下、現在はドライコンディションと報告されているが雨になる可能性はあるようだ。

前半は大きな動きもなく有効なタイムを出したマシンも少なかったが、後半になると全車あわただしくコースへ。
そんな中、残り10分を切ったところで地元のバンドーン(マクラーレン)がボタス(メルセデス)に幅寄せされた形でコースアウト、クラッシュ。
セッションは一時赤旗中断となリ、バイクに同乗してガレージに戻るバンドーンには観客から大きな声援が送られた。
セッション再開は残りわずか2分ということで、多くのマシンがピットレーンに並んだ。

結局このセッションでトップとなったのはベッテル(フェラーリ)で1'42.661のベストタイム。
これに0.063秒差の2番手に僚友ライコネン(フェラーリ)。
以下ハミルトン(メルセデス)、ボタス(メルセデス)、フェルスタッペン(レッドブル)、リカルド(レッドブル)、ルクレール(ザウバー)、ペレス(フォース・インディア)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、オコン(フォース・インディア)。
トロ・ロッソはガスリー15番手、ハートリー16番手、
マクラーレンはアロンソ19番手、地元期待のバンドーンはここでも20番手に留まった。
このあと注目の公式予選が15時(日本時間:22時)から行われる。

ベルギーGPフリー3回目の結果はこちら
ベルギーGPの画像はこちら

|

« ホンダは「いつも通りの金曜日」を強調 | トップページ | 予選Q1、マクラーレン勢全滅 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67095153

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギーGPフリー3回目、フェラーリ勢が1-2タイム:

« ホンダは「いつも通りの金曜日」を強調 | トップページ | 予選Q1、マクラーレン勢全滅 »