« ストロール(ウィリアムズ)父、フォース・インディアを買収 | トップページ | またマクラーレンから重要人物離れる »

2018/08/08

スペインGP、開催契約延長に暗雲も

F.Alonso Fans/Spain GP (C)Renault F1 UK
拡大します
現在の開催契約が2019年で満了するとされるスペインGPだが、現在F1オーナーであるリバティ・メディアと交渉をしているという地元カタロニア州政府は、契約延長がなかなか難しいことを吐露した。

これはスペインの通信社『EFE』が報じたもので、このスペインGPもご多分に漏れず財政難に陥っているとされ、契約金額で両者の思惑に違いがあるようだ。
同州政府は、「スペインGPは重要だが、無制限に公的資金を投入できるものでもない」と予防線。

1951年ペドラルベスでの初開催以降、一時ハラマやヘレスで開催はあったが、1991年以降はバルセロナ・サーキットでのスペインGPがすっかり定着している。
現在スペイン人ドライバーとしてはアロンソ(マクラーレン)やサインツ(ルノー)らが挙げられる。

|

« ストロール(ウィリアムズ)父、フォース・インディアを買収 | トップページ | またマクラーレンから重要人物離れる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67030310

この記事へのトラックバック一覧です: スペインGP、開催契約延長に暗雲も:

« ストロール(ウィリアムズ)父、フォース・インディアを買収 | トップページ | またマクラーレンから重要人物離れる »