« レッドブル、「F1にはマクラーレンの復活が必要」 | トップページ | ストロール(ウィリアムズ)、次戦ベルギーにもF・インディア移籍か »

2018/08/19

F.ブリアトーレ氏、マクラーレンの責任に言及

Flavio Briatore (C)Renault F1 UK
拡大します
かつてフェルナンド・アロンソがルノー・チームに在籍した頃、上司だったフラビオ・ブリアトーレ氏(68歳:イタリア)が、同選手をF1引退に「追い込んだ」マクラーレン・チームの責任について、イタリアの専門紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』で言及した。

「アロンソの判断について評価するのはまだ早い。
F1は非常に短い期間に状況が変わってしまうからね。
しかし彼をここまで追い込んだ責任は明らかにマクラーレン・チームにある。
すべてがうまくいって、やっと7位か8位になるというのでは彼もモチベーションが維持できないだろう。
彼にはまだトップレベルで戦う能力があるのに、チームはそれに応えるマシンを用意できなかったからだ。
ホンダからルノーにパワーユニットを変更したのに依然として成績が低迷しているのでは、もうパートナーに責任を負わせることはできないよ」

ブリアトーレ氏はアロンソが2度のチャンピオンに輝いた当時、栄光を共にしたチーム監督だった。

|

« レッドブル、「F1にはマクラーレンの復活が必要」 | トップページ | ストロール(ウィリアムズ)、次戦ベルギーにもF・インディア移籍か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67069515

この記事へのトラックバック一覧です: F.ブリアトーレ氏、マクラーレンの責任に言及:

« レッドブル、「F1にはマクラーレンの復活が必要」 | トップページ | ストロール(ウィリアムズ)、次戦ベルギーにもF・インディア移籍か »