« マクラーレン・チーム、サインツ獲得の可能性も | トップページ | ウィリアムズ・チーム、メルセデス製ギヤボックスで悩み »

2018/08/07

フェラーリ新CEO、「リバティ・メディアとは協力姿勢で」

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ及びフィアット/クライスラー・グループ/CEO(最高経営責任者)だったセルジオ・マルキオンネ会長が急逝したあと、そのポジションを引き継いだルイス・カミレリ氏が新たな職務についての基本方針を示した。
それによればこの元フィリップ・モリス社会長は、マルキオンネ前会長とはスタンスを異にしF1をコントロールするリバティ・メディアと協力体制を取ることを明らかにした。

現在のF1コンコルド協定が2020年で満了となるのを受け、リバティ・メディアは翌2021年から大幅なF1レギュレーション変更を計画している。
しかしフェラーリの前任者はバジェットキャップ(予算制限)や収益金の新しい分配システムなどその内容に反発、F1からの撤退も辞さずと強硬姿勢を取っていたもの。

これについてルイス・カミレリ氏は、「リバティ・メディアとは前向きに密接な関係を続けている」と、基本的に穏便な姿勢であることを強調した。
F1黎明期から参戦する跳ね馬チームは、常にその象徴として欠くことの出来ない存在となっている。

|

« マクラーレン・チーム、サインツ獲得の可能性も | トップページ | ウィリアムズ・チーム、メルセデス製ギヤボックスで悩み »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67026355

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ新CEO、「リバティ・メディアとは協力姿勢で」:

« マクラーレン・チーム、サインツ獲得の可能性も | トップページ | ウィリアムズ・チーム、メルセデス製ギヤボックスで悩み »