« ウェットのフリー3回目、新人ルクレール(ザウバー)がトップ | トップページ | 予選Q2、赤旗中断もボタス(メルセデス)が最速に »

2018/07/21

予選Q1、ハミルトン(メルセデス)にマシントラブル

21日(土)、ホッケンハイムリンクを舞台にドイツGPの公式予選Q1が始められた。
18分間で争われるここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。
なお午前のフリー走行では雨だった天候は持ち直し、 気温22度、路面温度28度、湿度84%で路面はまだ一部ダンプながらほどなくドライになるものと見込まれている。

トップはライコネン(フェラーリ)で1'12.505。
2番手ベッテル(フェラーリ)、3番手ボタス(メルセデス)、4番手グロージャン(ハース)、5番手にハミルトン(メルセデス)だが、ギヤボックスの不調とみられるトラブルでストップ。
また本人も体調が良くなさそうだ。
6番手ルクレール(ザウバー)、7番手マグヌッセン(ハース)、8番手フェルスタッペン(レッドブル)、9番手リカルド(レッドブル)、10番手がサインツ(ルノー)だった。
ここで敗退となったのはオコン(フォース・インディア)、ガスリー(トロ・ロッソ)、ハートリー(トロ・ロッソ)、ストロール(ウィリアムズ)、そしてバンドーン(マクラーレン)の5台となった。

|

« ウェットのフリー3回目、新人ルクレール(ザウバー)がトップ | トップページ | 予選Q2、赤旗中断もボタス(メルセデス)が最速に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66965895

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)にマシントラブル:

« ウェットのフリー3回目、新人ルクレール(ザウバー)がトップ | トップページ | 予選Q2、赤旗中断もボタス(メルセデス)が最速に »