« パット・シモンズ氏、「2台体制義務」の緩和を模索も | トップページ | メルセデスAMG、来季に向けて技術部門の改変計画を発表 »

2018/07/13

ダニエル・リカルド、レッドブル・レーシング残留が確定的に

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
まだ契約更新について正式発表はないものの、関係者の間ではダニエル・リカルド(29歳:オーストラリア)のレッドブル・レーシング残留が確実になったと受け止められている。

ここまで契約更新に時間が掛かっているのはキミ・ライコネンの後任としてフェラーリ・チーム入りを狙っていたのではないかとみられているが、しかしもしライコネンが交代となった場合でもその後任には新鋭のシャルル・ルクレール(20歳:モナコ)の抜擢が有力になったとされる。
またメルセデスAMGチームもハミルトン&ボタス両ドライバーの残留が確実になっていて、現在のレッドブルより上位に空きはない状況に追い込まれていることが背景にある。

2011年第9戦のイギリスGPで当時のHRTからF1デビューを果たしたリカルドは、翌年にはトロ・ロッソに移籍、2014年からは本家レッドブル・レーシングに移籍し、これまで7回の優勝を記録し、レッドブルを代表するドライバーになっている。
なお残留した場合でもナンバーワン条項はない模様。

|

« パット・シモンズ氏、「2台体制義務」の緩和を模索も | トップページ | メルセデスAMG、来季に向けて技術部門の改変計画を発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66934553

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・リカルド、レッドブル・レーシング残留が確定的に:

« パット・シモンズ氏、「2台体制義務」の緩和を模索も | トップページ | メルセデスAMG、来季に向けて技術部門の改変計画を発表 »