« レッドブル、来季のホンダ製P/U搭載見込んだ動き | トップページ | ドイツGPのレーススチュワード(審査委員)にミカ・サロ氏 »

2018/07/19

「必ずや苦境から脱却」と、ウィリアムズ副代表

Claire Williams (C)Williams F1
拡大します
2014-2015年頃はコンストラクターズ・ランキング3位、プライベートチームながらフェラーリやレッドブル・レーシングらも凌ぐ活躍をみせたウィリアムズ・チームだったが、今季は突然失速、目下全10チーム中の最下位と思わぬ低迷を強いられている。
これについてチーム創始者の娘であるクレア・ウィリアムズ副代表(イギリス)は、「突然、失速に見舞われた」と、米紙にその苦悩を訴えた。

「ほんとうに予想もつかないことでした。
もしも昨年の段階で今年こうなることを告げられていたとしたら、きっと震え上がっていたことでしょう。
まさに突然失速したのです。
しかしチームの混迷を打開するのは私の役目なので決して諦めません」と、力説。

先のイギリスGPでもウィリアムズの2台は予選最下位。
同じメルセデス・エンジンを搭載するフォース・インディアは好成績を挙げていることから、エアロダイナミックスに大きな原因があるのでは、ともみられている。

|

« レッドブル、来季のホンダ製P/U搭載見込んだ動き | トップページ | ドイツGPのレーススチュワード(審査委員)にミカ・サロ氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66953610

この記事へのトラックバック一覧です: 「必ずや苦境から脱却」と、ウィリアムズ副代表:

« レッドブル、来季のホンダ製P/U搭載見込んだ動き | トップページ | ドイツGPのレーススチュワード(審査委員)にミカ・サロ氏 »