« FIA、バックミラーの視認性について検討始める | トップページ | ルノー・チームがアロンソ(マクラーレン)獲得に意欲 »

2018/07/15

アロンソは『ポイント・システム改革案』に反対

Fernando Alonso (C)Renault F1 UK
拡大します
ドイツの専門誌らが報じた2020年からの新しいF1ポイント・システムは、現在の1位から10位までのドライバーにポイントが与えられているものから1位から15位までのドライバーに25、20、18、16、14、12、10、8、7、6、5、4、3、2、1ポイントが与えられることになると伝えている。

しかしこれに元2回のチャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が、ドライバーからレースへの達成感を奪うものだと反論した。

「このF1でポイントを獲得するというのは、とても難しいだった。
数十人ものドライバーがスタートした結果、ほんの一部のエリートだけが多くのポイントを獲得できた。
だから1ポイントや2ポイント程度の得点でも、大きな報酬のように感じられたんだ。
それが20人のうち15人が入賞だなんて……
そんな完走したドライバーがほとんどポイントを獲得できるようになったら、入賞という感動もなくなってしまうだろう。
残念ながらルールを決めるのは僕らじゃないけれど、F1というものはもっとステータスがあるものでなければいけないと思うよ」と、持論を展開。

アロンソ自身の初入賞は参戦2年目のオーストラリアGPで7位(ルノー)というもの。
当時は8位までが入賞だった。

|

« FIA、バックミラーの視認性について検討始める | トップページ | ルノー・チームがアロンソ(マクラーレン)獲得に意欲 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66941985

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソは『ポイント・システム改革案』に反対:

« FIA、バックミラーの視認性について検討始める | トップページ | ルノー・チームがアロンソ(マクラーレン)獲得に意欲 »