« 新規開催マイアミGP、事実上計画先送りに | トップページ | ミシュラン、2020年からのF1タイヤ供給元に関心示す »

2018/07/25

ストロール父、再びフォース・インディア買収の噂

Lance Stroll (C)Williams F1
拡大します
財政難に苦しむとされるフォース・インディア・チームの将来が見えない中、再び現ウィリアムズ・チームのレースドライバーであるランス・ストロール(19歳:カナダ)の去就に注目が集まっている。

昨季のF1デビユーの際には単なる資金持ち込みのペイ・ドライバーと揶揄されてきたストロールだったが、アゼルバイジャンGPでは3位表彰台獲得するなど評価は高まっている。
そして何より注目されるのはストロールの父親でカナダの大富豪として知られるローレンス・ストロール氏がフォース・インディア・チーム自体を買収するという計画だ。

その条件としてローレンス氏はメルセデスのジュニア・チームになること、またチームメイトには経験豊富なベテランの起用を求めているとの具体的な情報も。
現在ウィリアムズ・チームでのチームメイトはセルゲイ・シロトキンだが、まだ22歳。
F1経験はストロールよりも少ない。
噂ではロバート・クビサ(33歳:ポーランド)の起用を求めているという報道もある。

|

« 新規開催マイアミGP、事実上計画先送りに | トップページ | ミシュラン、2020年からのF1タイヤ供給元に関心示す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66984031

この記事へのトラックバック一覧です: ストロール父、再びフォース・インディア買収の噂:

« 新規開催マイアミGP、事実上計画先送りに | トップページ | ミシュラン、2020年からのF1タイヤ供給元に関心示す »