« ルイス・ハミルトン、メルセデスAMGチームと契約更新 | トップページ | フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速も »

2018/07/20

ドイツGPフリー1回目、リカルド(レッドブル)がトップタイム

Hockenheimring (C)Pirelli Motorsport
拡大します
20日(金)11時(日本時間:18時)からホッケンハイムリンクを舞台に今季F1第11戦ドイツGPのフリー走行1回目セッションがスタートした。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は27度、路面温度39度、路面はドライコンディションと報告されている。
今回、ピレリはミディアム、ソフト、そして一段飛ばしてウルトラソフトという中国GP以来の変則的な3種類のタイヤを持ち込んでいる。
なお、ザウバー・チームではエリクソンに代えてアントニオ・ジョビナッツィを、またフォース・インディアではオコンに代えてニコラス・ラティフィをこのフリー走行1回目セッションに起用している。

このセッションで最速タイムを記録したのはレッドブル・レーシングのリカルドで、ベストタイム1'13.525。
これにわずか0.004秒の僅差で契約更新したばかりのハミルトン(メルセデス)。
3番手フェルスタッペン(レッドブル)、4番手にベッテル(フェラーリ)、5番手ボタス(メルセデス)、6番手ライコネン(フェラーリ)、7番手グロージャン(ハース)、8番手マグヌッセン(ハース)、9番手ルクレール(ザウバー)、10番手ヒュルケンバーグ(ルノー)の順。
マクラーレンはアロンソ12番手もバンドーンは20番手、トロ・ロッソ・ホンダはハートリー15番手、ガスリーは18番手。
またラフィティ(フォース・インディア)は17番手、ジョビナッツィ(ザウバー)は19番手だった。
このあとフリー走行2回目セッションは15時(日本時間:22時)から行われる。

ドイツGPフリー走行1回目の結果はこちら
ドイツGPの画像はこちら

|

« ルイス・ハミルトン、メルセデスAMGチームと契約更新 | トップページ | フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66961872

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツGPフリー1回目、リカルド(レッドブル)がトップタイム:

« ルイス・ハミルトン、メルセデスAMGチームと契約更新 | トップページ | フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速も »