« 「必ずや苦境から脱却」と、ウィリアムズ副代表 | トップページ | A.ジョビナッツィ、ザウバーからドイツGPフリー出走へ »

2018/07/19

ドイツGPのレーススチュワード(審査委員)にミカ・サロ氏

Mika Salo (C)Redbull Racing
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今週末行われるドイツGPのドライバー出身枠レーススチュワード(競技審査委員)に、元フェラーリ等のF1ドライバーであるミカ・サロ氏(51歳:フィンランド)を指名したことを明らかにした。

サロ氏がスチュワードを務めるのは昨年のアメリカGP(US-GP)以来となるもので今季初、自身通算13回目ということになる。

日本女性と結婚するなど親日家として知られるサロ氏は1994年に当時のロータス・チームからF1デビュー、その後ティレルやアロウズ、フェラーリ、ザウバー等を経て、最後はトヨタまで100戦以上出走。
最高位はフェラーリ時代に記録した1999年ドイツGPの2位(フェラーリ)、またトヨタ時代には2回のポイント獲得をもたらせた。
(フェラーリの2位は首位走行中、チームオーダーに従ったもの)

|

« 「必ずや苦境から脱却」と、ウィリアムズ副代表 | トップページ | A.ジョビナッツィ、ザウバーからドイツGPフリー出走へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66956250

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツGPのレーススチュワード(審査委員)にミカ・サロ氏:

« 「必ずや苦境から脱却」と、ウィリアムズ副代表 | トップページ | A.ジョビナッツィ、ザウバーからドイツGPフリー出走へ »