« 立場危うくなるグロージャン(ハース) | トップページ | フェルスタッペン(レッドブル)、ルノー・エンジンを酷評 »

2018/07/11

エリクソン(ザウバー)、「DRSのミス」認める

Marcus Ericsson (C)Sauber Motorsport
拡大します
イギリスGPの決勝レース終盤、1コーナーで単独クラッシュを演じたザウバー・チームのマーカス・エリクソンが、自身の操作ミスが原因であったことを認めた。

「あの時僕は他のマシンとバトルを繰り広げていたから、ドライバーとして当然のことDRS(ドラッグ・リダクション・システム)を制限一杯に使いたかったんだ。
DRSゾーンに入る時にはできるだけ早く、そして終わる時にはできるだけ遅く、ね。
そしてあの時、おそらくボタンをきちんと押せなかったんだと思う。
路面のバンプが激しい所だから、指が滑ったのかも知れない。
少なくともデータを見る限り、ボタンが押されていなかったのは事実だよ」

今シーズン、チームメイトである新人のルクレールが5回の入賞を果たしているのに対し、先輩であるエリクソンはわずか2回に留まっている。

|

« 立場危うくなるグロージャン(ハース) | トップページ | フェルスタッペン(レッドブル)、ルノー・エンジンを酷評 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66927935

この記事へのトラックバック一覧です: エリクソン(ザウバー)、「DRSのミス」認める:

« 立場危うくなるグロージャン(ハース) | トップページ | フェルスタッペン(レッドブル)、ルノー・エンジンを酷評 »