« ガスリー(トロ・ロッソ)は不満もペレス「ペナルティ当然」 | トップページ | ルノー、次戦ドイツGPで新エアロダイナミックス投入へ »

2018/07/14

既存メーカー、2021年レギュレーション改訂計画に反発

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1のオーナーであるリバティ・メディアとFIA(国際自動車連盟)は、2021年に大幅なレギュレーションの改訂を計画しているが、現在のエンジン・サプライヤー側が反発していることがわかった。

リバティ・メディアらはF1エンジンのコスト削減を図り新規参入をより容易にするため、現行よりもPU(パワーユニット)の構成を簡易なものにすることを目的にMGU-H(熱エネルギー回生システム)の廃止等を提案しているが、6月末までとされたメーカー側との合意には至らなかったもの。

エンジン・サプライヤー側の代表格であるメルセデスによれば、MGU-H(熱エネルギー回生システム)の廃止はむしろコスト増を招くうえに、目標とした新規メーカーの参入も現在まで何ら目途が立っていないので計画は功を奏していないと指摘している。

これまで2021年からの新規参入にはポルシェやアストンマーティン、コスワースらの名前が浮上したが、決定したメーカーは一つもない。
ただこうした動きにドイツ・メディアらからは「新規参入を阻む事実上の事業者カルテルだ」という非難も起きている。

|

« ガスリー(トロ・ロッソ)は不満もペレス「ペナルティ当然」 | トップページ | ルノー、次戦ドイツGPで新エアロダイナミックス投入へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66937980

この記事へのトラックバック一覧です: 既存メーカー、2021年レギュレーション改訂計画に反発:

« ガスリー(トロ・ロッソ)は不満もペレス「ペナルティ当然」 | トップページ | ルノー、次戦ドイツGPで新エアロダイナミックス投入へ »