« 復活フランスGPではウルトラソフトタイヤが主力 | トップページ | 『アンドレッティAS』、フォース・インディア買収に関心か »

2018/06/14

「退屈なレース」の声にベッテル(フェラーリ)反論

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
「退屈なレースだった」との指摘があったモナコGPに続き、期待されたオーバーテイクシーンがほとんどなかったカナダGPについての不評に、優勝したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が反論している。

「カナダが退屈だったという指摘があることは知っているよ。
でもすべてのレースがいつも同じように面白いという訳じゃない。
今年はここまで7戦しているけれど、その中には面白いレースもあれば退屈なレースもある。
それは別にF1レースに限ったことじゃなくて、ちょうど始まったW杯(サッカー)だって同じだろう。
エキサイティングな試合もあればつまらない時だってあるよ。
そうしたことはどんなスポーツでもあるということさ」

ただオーバーテイクが少ないのはドライバーやコースだけが問題なのではなく、マシンやレギュレーションにも原因があるとこちらも矢面に立たされている。

|

« 復活フランスGPではウルトラソフトタイヤが主力 | トップページ | 『アンドレッティAS』、フォース・インディア買収に関心か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66827682

この記事へのトラックバック一覧です: 「退屈なレース」の声にベッテル(フェラーリ)反論:

« 復活フランスGPではウルトラソフトタイヤが主力 | トップページ | 『アンドレッティAS』、フォース・インディア買収に関心か »