« 「今年の最速マシンはフェラーリ」と、ハミルトン | トップページ | リカルド(レッドブル)、カナダでペナルティ必至の様相 »

2018/06/05

カナダでのバージョンアップ幅、ホンダが最大

Honda V6 Power Unit(C)Honda Racing
拡大します
F1エンジンの各サプライヤーによる出力は(もちろん非公表ではあるものの)、昨季最終戦の段階でメルセデスが最強で940馬力程度、フェラーリは930馬力、ルノーが900馬力、ホンダが最も低く860馬力程度であると一部メディアから報じられた。
今季の開始時点ではさらにアップして、メルセデスとフェラーリがほぼ1000馬力、ルノーとホンダも900馬力程度まで改善されているとされている。

そしてさらにパワー・サーキットと言われる今週のカナダGPでは、各エンジン・サプライヤー共にバージョンアップされた仕様のものを投入すると言われている。
そうした中、最も『伸びしろ』があるのが後発のホンダとみられ、今回さらに40馬力程度向上させたものとスペイン紙等で報じられている。

当然のことながらエンジン出力だけが直接スピードやラップタイムに貢献するものではないが、土曜日に行われるカナダGP公式予選での各陣営の序列に注目が集まる。

|

« 「今年の最速マシンはフェラーリ」と、ハミルトン | トップページ | リカルド(レッドブル)、カナダでペナルティ必至の様相 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66796271

この記事へのトラックバック一覧です: カナダでのバージョンアップ幅、ホンダが最大:

« 「今年の最速マシンはフェラーリ」と、ハミルトン | トップページ | リカルド(レッドブル)、カナダでペナルティ必至の様相 »