« カナダGPはミスで『短縮レース』に | トップページ | フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1ストップ戦略でカナダグランプリをポールトゥーウィンで制す (ピレリ) »

2018/06/11

ハートリー(トロ・ロッソ)、「手応え感じていたのに……」

Brendon Hartley (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
いろいろ周辺に喧しい雑音がありながら、カナダGP予選では12番手と今季バーレーンGPに次ぐ好グリッドを得てスタートしたトロ・ロッソ・ホンダのブレンドン・ハートリーだったが、オープニングラップで他車と絡んで大クラッシュ、1周もせずにリタイヤに追い込まれるという不本意な結果となった。

「このレースウイークはホンダの新しいPU(パワーユニット)に良い手応えを感じていた分、とても残念な週末になってしまった。
今日のレースではポイント圏内を狙える筈だったからね。
スタートは周囲のマシンと共にまずまずの良いスタートが切れたけれど、4コーナーでアウトからストロール(ウィリアムズ)のマシンをオーバーテイクしようとしたところ、彼がマシンのコントロールを失ってしまい2台でクラッシュしてしまった。
せっかく良いレースができると思っていただけに、この結果となったことはとても残念でならない。
この週末の自分のパフォーマンスには満足していたし、カナダGPをこのようなかたちで終えてしまったことは悔しいよ」

なおピットガレージへの帰還が遅れたのは、念のためメディカルセンターで検査を受けたためだったと説明、次戦に向け身体に全く問題ないことを強調した。

|

« カナダGPはミスで『短縮レース』に | トップページ | フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1ストップ戦略でカナダグランプリをポールトゥーウィンで制す (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66818599

この記事へのトラックバック一覧です: ハートリー(トロ・ロッソ)、「手応え感じていたのに……」:

« カナダGPはミスで『短縮レース』に | トップページ | フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1ストップ戦略でカナダグランプリをポールトゥーウィンで制す (ピレリ) »