« メルセデスを除き3陣営がカナダでバージョンアップ | トップページ | カナダGP予選Q1、フェラーリ勢が最速 »

2018/06/10

カナダGP、フリー3回目もフェルスタッペン(レッドブル)制す

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
9日(土)、日本時間の土曜日深夜、モントリオールのジル・ビルニューブ・サーキットを舞台にカナダGPのフリー走行3回目セッションが60分間で行われた。
天候は晴れ、セッション開始時の路面はドライ、気温20度、路面温度33度と報告されている。

メルセデスAMG勢は今週初めて「苦手」のハイパーソフトタイヤを装着。
しかし期待したほどタイムは伸びず、4-6番手に留まった。
トップはここでもフェルスタッペン(レッドブル)で1'11.599のベストタイム
0.049秒差での2番手でベッテル(フェラーリ)が続いた。
以下、3番手ライコネン(フェラーリ)、4番手ハミルトン(メルセデス)、5番手リカルド(レッドブル)6番手ボタス(メルセデス)、7番手ペレス(フォース・インディア)、8番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、9番手グロージャン(ハース)、10番手バンドーン(マクラーレン)。
アロンソ(マクラーレン)は13番手、トロ・ロッソはハートリー12番手、ガスリーが15番手だった。

このあと14時(日本時間:27時)から注目の公式予選が行われる。

カナダGPフリー走行3回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« メルセデスを除き3陣営がカナダでバージョンアップ | トップページ | カナダGP予選Q1、フェラーリ勢が最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66813244

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGP、フリー3回目もフェルスタッペン(レッドブル)制す:

« メルセデスを除き3陣営がカナダでバージョンアップ | トップページ | カナダGP予選Q1、フェラーリ勢が最速 »