« フェルスタッペン(レッドブル)、記者会見で開き直り | トップページ | カナダGPフリー2回目もフェルスタッペン(レッドブル)が最速 »

2018/06/09

カナダGPフリー1回目、フェルスタッペン(レッドブル)が最速

Montreal (C)Pirelli Motorsport
拡大します

8日(金)、モントリオールのジル・ビルニューブ・サーキットを舞台にカナダGPのフリー走行1回目セッションが行われた。
天候は晴れ、セッション開始時の路面はドライ、気温18度、路面温度30度と報告されている。
今回も前戦モナコと同じくピレリはスーパーソフト、ウルトラソフト、そしてハイパーソフトの3種類のタイヤを持ち込んでいる。

開始約30分過ぎ、ヒュルケンバーグ(ルノー)がギヤボックスデムストツプ、セッションは約10分間赤旗中断となった。
また終了間際のタイムアタックで、シロトキン(ウィリアムズ)が6コーナーでウォールにクラッシュする場面がみられた。

このセッションでトップはいま話題の人・フェルスタッペン(レッドブル)で1'13.320を記録。
2番手ハミルトン(メルセデス)が0.088秒差、3番手リカルド(レッドブル)、以下ベッテル(フェラーリ)、ボタス(メルセデス)、ライコネン(フェラーリ)、アロンソ(マクラーレン)、サインツ(ルノー)、バンドーン(マクラーレン)、そしてガスリー(トロ・ロッソ)というトツプ10となった。
渦中のハートリー(トロ・ロッソ)は16番手。

このあとフリー走行2回目セッションは14時(日本時間:27時)から行われる。

カナダGPフリー走行1回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« フェルスタッペン(レッドブル)、記者会見で開き直り | トップページ | カナダGPフリー2回目もフェルスタッペン(レッドブル)が最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66809640

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPフリー1回目、フェルスタッペン(レッドブル)が最速:

« フェルスタッペン(レッドブル)、記者会見で開き直り | トップページ | カナダGPフリー2回目もフェルスタッペン(レッドブル)が最速 »