« マクラーレン、ランド・ノリス レンタルの可能性認める | トップページ | 復活フランスGPではウルトラソフトタイヤが主力 »

2018/06/13

「父親不在」だったカナダGPのフェルスタッペン(レッドブル)

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
そのアグレッシブなドライビング・スタイルから、物議を醸すことの多かったレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンだが、今回のカナダGPではフリー走行から終始好調な周回を重ね、日曜日の決勝レースではみごと3位入賞、スペインGP以来となる表彰台をゲットしてみせた。

しかし今回いつもグランプリに帯同してきた、父親でやはり元F1ドライバーであるヨス・フェルスタッペン氏の姿はみられなかった。

これについて同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、その背景を次のように説明した。
「このカナダGPは、彼が自分だけで乗り切った初めてのレースになった。
そういう意味ではこれまでにないレースだったと言える。
ただそれがどのような効果を及ぼしたかは不明だがね、彼にとっては成長の一助になったんじゃないかな」

|

« マクラーレン、ランド・ノリス レンタルの可能性認める | トップページ | 復活フランスGPではウルトラソフトタイヤが主力 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66824826

この記事へのトラックバック一覧です: 「父親不在」だったカナダGPのフェルスタッペン(レッドブル):

« マクラーレン、ランド・ノリス レンタルの可能性認める | トップページ | 復活フランスGPではウルトラソフトタイヤが主力 »