« アロンソ(マクラーレン)に高まる来季インディカー転向説 | トップページ | メルセデスAMG、現行エンジンの開発凍結を主張 »

2018/06/03

ハースF1、次戦カナダで大幅バージョンアップ

Race Scene (C)Haas F1 Team
拡大します
今季ここまでランキング8位と少々出遅れた感のあるハースF1チームだが、次戦カナダGPではかなりのバージョンアップを計画しているということだ。

これは同チームのギュンター・シュタイナー代表が明らかにしたもので、その中にはパワー・サーキットであるモントリオールのコースを睨み、エアロダイナミックスのアップデートが中心になるという。

同代表は「今シーズンはかなりのポテンシャルを示しているが、不運なこともあってこれが成績に繋がっていない。
多くのチームが前戦スペインでアップデートを施したようだが、われわれはあえて1戦遅らせた。
タイヤの特製もあって苦戦するケースもあったが、そうした部分も今回のアップデートで改善されることだろう」と、自信をみせた。
今季まだノーポイントのグロージャンも、今年はここで初入賞を目指すことになる。

|

« アロンソ(マクラーレン)に高まる来季インディカー転向説 | トップページ | メルセデスAMG、現行エンジンの開発凍結を主張 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66785648

この記事へのトラックバック一覧です: ハースF1、次戦カナダで大幅バージョンアップ:

« アロンソ(マクラーレン)に高まる来季インディカー転向説 | トップページ | メルセデスAMG、現行エンジンの開発凍結を主張 »