« 『ハンコック』、F1タイヤ供給に名乗り | トップページ | また持ち上がるトヨタWECチームの『アロンソ優遇説』 »

2018/06/16

「厳しいエンジン規則がF1の魅力損なう」と、ハミルトン(メルセデス)

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
目下ライバルであるベッテル(フェラーリ)と激しいチャンピオンシップ争いを演じているメルセデスAMGのルイス・ハミルトンが、現行のF1レギュレーションについて言及している。

「年間エンジンが3基までなんて、今のレギュレーションは厳し過ぎると思うな。
コスト削減が目的なんだろうけど、それがマイナスの効果を生み出してしまっているよ。
だってエンジン・メーカーはみな血眼で信頼性のアップに懸命、そのことが逆にコスト増大になってしまっているんだから。
僕たちはエンジンの性能を引き出すよりも、いかに壊さずに走り切るかピリピリしているんだ。
もしもこれで来年は年間2基に制限なんていったら、もう笑うしかないね」

他陣営よりましとはいえ、ハミルトンも次戦フランスGPでは今季2基目のPU(パワーユニット)を投入を余儀なくされる方向だ。

|

« 『ハンコック』、F1タイヤ供給に名乗り | トップページ | また持ち上がるトヨタWECチームの『アロンソ優遇説』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66832243

この記事へのトラックバック一覧です: 「厳しいエンジン規則がF1の魅力損なう」と、ハミルトン(メルセデス):

« 『ハンコック』、F1タイヤ供給に名乗り | トップページ | また持ち上がるトヨタWECチームの『アロンソ優遇説』 »