« ウィリアムズ・チーム、空力部門責任者が離脱 | トップページ | フェラーリ『SF71H』、今度はDRS(可変リヤウィング)に疑義 »

2018/06/01

ヴィジャイ・マルヤ氏(F・インディア)、代表職専念へ

Vijay Mallya (C)Force India F1
拡大します
フォース・インディア・チームの創設者でチーム代表でもあるヴィジャイ・マルヤ氏(62歳:インド)はこれまで兼任してきたマネージング・ディレクターの職務から外れることがわかった。

マネージング・ディレクターの後任にはマルヤ氏の子息であるシッダールタ氏(31歳)が就くが、引き続きチーム代表のポジションはマルヤ氏が継続するとのこと。
チームの株式はマルヤ氏が42.5%を所有、同じく42.5%をタイトル・スポンサーでもあるインドの大手会社『サハラ』が所有ということで、初代オーナー一族の影響力は変わらないようだ。

マルヤ氏はインド当局から脱税容疑で逮捕状が出ており、当人はイギリスから出国することができないでいる。

|

« ウィリアムズ・チーム、空力部門責任者が離脱 | トップページ | フェラーリ『SF71H』、今度はDRS(可変リヤウィング)に疑義 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66781367

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィジャイ・マルヤ氏(F・インディア)、代表職専念へ:

« ウィリアムズ・チーム、空力部門責任者が離脱 | トップページ | フェラーリ『SF71H』、今度はDRS(可変リヤウィング)に疑義 »