« ハースF1、次戦カナダで大幅バージョンアップ | トップページ | カナダGPでもハイパーソフトタイヤの使用がカギに »

2018/06/03

メルセデスAMG、現行エンジンの開発凍結を主張

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1は2021年シーズンから大幅にエンジン関連のレギュレーションを変更することがすでに決まっていて、予定通りであればこの6月中にもその詳細が確定するとみられる。
その場合、いずれのエンジン・サプライヤーも2021年の新しいPU(パワーユニット)の開発が本格的にスタートするが、同時に現行のエンジンでの戦いも並行して行われることになる。

これについてメルセデスAMGチームのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「二重の開発はサプライヤーにとって大きな負担となり、莫大な費用も掛かるのでF1全体にとってマイナス。
したがってわれわれは現行エンジンの開発はいったん凍結すべきと考えている」と、述べた。

しかし当然のこと、これは現王者であるメルセデスAMG自身にとって著しく有利になるもの。
大義はあるものの、他のエンジン・サプライヤーであるフェラーリやルノー、そしてホンダらから積極的な同意が得られるかは疑問だ。

|

« ハースF1、次戦カナダで大幅バージョンアップ | トップページ | カナダGPでもハイパーソフトタイヤの使用がカギに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66788773

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMG、現行エンジンの開発凍結を主張:

« ハースF1、次戦カナダで大幅バージョンアップ | トップページ | カナダGPでもハイパーソフトタイヤの使用がカギに »