« ハートリー(トロ・ロッソ)のシート騒動落ち着きみせる | トップページ | 『3M』、F1の類似ロゴを正式提訴 »

2018/06/18

2019年F1空力規則、いまだ収れんできず

Wind Tunnel Image (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
F1ではレース中のオーバーテイクシーンを増加させるなどの目的から、2019年シーズンに向けてのエアロダイナミックスの変更点をすでに4月の段階で決めているが、いまだに各チームから不満の声があるなど収れんをみせていない。
これについてFIA(国際自動車連盟)のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティング氏は苛立ちの姿勢を隠していない。

同氏によれば4月30日を期限とした全チームによる投票で変更点はすでに確定。
しかしその後の議論から矛盾点や抜け穴の存在が露呈、さらなる変更が求められているとのこと。
しかし再変更には再び全チームの同意が必要で、見解が異なっていることから現実的でない。
そこでFIAによる『技術指示書』による事実上の変更が求められることになるが、ホワイティング氏は「対応をFIAに丸投げするもので好ましくない」と、否定的だという。
来季マシンの開発に向け時間的な制約もあり、現場ではすでにあせりの色も見え隠れする。

|

« ハートリー(トロ・ロッソ)のシート騒動落ち着きみせる | トップページ | 『3M』、F1の類似ロゴを正式提訴 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66839345

この記事へのトラックバック一覧です: 2019年F1空力規則、いまだ収れんできず:

« ハートリー(トロ・ロッソ)のシート騒動落ち着きみせる | トップページ | 『3M』、F1の類似ロゴを正式提訴 »