« FIA、公式予選時のオイル補給が禁止へ | トップページ | メルセデスAMGチーム、いまだドライバー契約なし »

2018/05/05

ルノー・スポール、レッドブルに結論迫る

Renault V6 Turbo Engine (C)Renault Sport
拡大します
来シーズン、ルノーなのかホンダなのか、搭載するパワーユニットについていまだに結論が出せていないレッドブル・レーシングに対し、現在の供給元であるルノー・スポールがプレッシャーを掛けている。

F1規則で5月15日までに来季のエンジンを申告することになっているが、レッドブルはその期限延長を申し入れた模様。
しかしこれに対しルノー・スポールは「来季が2チームなのか3チームなのか決まらなければ来季用のパーツなど準備ができない」とし、期日の延期は認められないことを明言している。

ルノー&ホンダ両陣営共に現状ではメルセデス&フェラーリに劣ってるのは明白だが、いずれもパワー・サーキットであるカナダGPにパワーアップされた新バージョンのものを投入する予定。
レッドブルはそれを見極めたい意向だが、カナダGPが行われるのは6月10日で申告期日には間に合わないのが実情だ。

|

« FIA、公式予選時のオイル補給が禁止へ | トップページ | メルセデスAMGチーム、いまだドライバー契約なし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66685118

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・スポール、レッドブルに結論迫る:

« FIA、公式予選時のオイル補給が禁止へ | トップページ | メルセデスAMGチーム、いまだドライバー契約なし »