« アロンソ(マクラーレン)のモチベーション低下指摘 | トップページ | フェラーリ、新仕様ピレリタイヤに対応遅れか »

2018/05/15

高まるルクレール(ザウバー)への評価、真価はモナコ

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
昨季は年間を通じても2度しかなかった入賞を、今季5戦で早くも3開幕戦の入賞を果たしたザウバー・チームだが、そのうち2回はルーキーのシャルル・ルクレール(20歳:モナコ)が記録したもので、新人の活躍に注目が集まっている。

連続入賞となったスペインGPの結果を受けてルクレールは次のように語っている。

「今回もポイント圏内でフィニッシュできたのはほんと最高の気分だよ。
今回は気象条件がトリッキーで、特にタイヤのマネージメントに関してシビアなドライビングを要求されたという意味でとても難しく、面白いレースになった。
今はとにかく経験するすべてが僕の栄養分。
一戦一戦が毎回楽しみでしかたないよ」

長期的には跳ね馬チームの座も狙う新人ルクレールにとって、次のホームグランプリ・モナコは重要な試練の場となることだろう。

|

« アロンソ(マクラーレン)のモチベーション低下指摘 | トップページ | フェラーリ、新仕様ピレリタイヤに対応遅れか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66721650

この記事へのトラックバック一覧です: 高まるルクレール(ザウバー)への評価、真価はモナコ:

« アロンソ(マクラーレン)のモチベーション低下指摘 | トップページ | フェラーリ、新仕様ピレリタイヤに対応遅れか »