« モナコGPはリカルド(レッドブル)がポールTOウィン | トップページ | 追突事故のルクレール(ザウバー)、お咎めなし »

2018/05/28

実は「薄氷の勝利」だった、リカルド(レッドブル)

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
終わってみればダニエル・リカルド(レッドブル)による他を寄せ付けぬみごとなポールTOウィンとなったモナコGPだったが、実は薄氷の勝利だったとレース後、明らかにした。

「素晴らしい勝利だった。
と言っても、まだ優勝したという実感はないんだけどとね。
終わってみればフリー走行でも予選でもトップになるなどパーフェクトな週末だったけれど、肝心のレースはクレイジーなものだった。
心配したスタートもうまくいき、レースが落ち着いた時には内心ほっとしていたんだけれど、28周目に突然パワーがなくなったのを感じたんだ。
MGU-H(熱エネルギー回生システム)のトラブルだということがわかったものの、チームからは「どうしようもない」と言われ、ほんとに泣き出したいくらいだったよ。
どこか他のサーキットだったらこれで僕のレースは終わっていたと思うけれど、幸いモナコという特殊なコースだったため、なんとかだましだまし走り続けることができたんだ。
これでやっと2年前の借りを返すことができてほんとうにうれしいよ」

2016年のモナコGPでは、リカルドはポールポジションからスタートしたものの結果は2位で優勝することは叶わなかった。

|

« モナコGPはリカルド(レッドブル)がポールTOウィン | トップページ | 追突事故のルクレール(ザウバー)、お咎めなし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66767309

この記事へのトラックバック一覧です: 実は「薄氷の勝利」だった、リカルド(レッドブル):

« モナコGPはリカルド(レッドブル)がポールTOウィン | トップページ | 追突事故のルクレール(ザウバー)、お咎めなし »