« メルセデスのルイス・ハミルトン、ソフト – ミディアムと繋ぐ1ストップ戦略で変わりやすいコンディション下のスペイングランプリを最速タイムで制す(ピレリ) | トップページ | アロンソ(マクラーレン)のモチベーション低下指摘 »

2018/05/15

ヒュルケンバーグ(ルノー)、グロージャンの『蛮行』非難

Nico Hulkenberg (C)Renault Sport F1
拡大します
ロマン・グロージャン(ハース)の『蛮行』により、1周もせずにスペインGPを終えたルノー・チームのニコ・ヒュルケンバーグは、憤懣やるかたない表情をみせた。

これはスペインGPオープニングラップで、2コーナーから3コーナーに掛けて単独でコースオフしたグロージャンが挙動を乱したままコースに復帰、後続集団にもつれ込んでヒュルケンバーグやガスリー(トロ・ロッソ)らを巻き込んでリタイヤに追い込んだもの。

ヒュルケンバーグは「グロージャンはコントロールを失ったまま無理矢理コースに舞い戻ってきたんだ。
僕たちにはどこにも逃げ場がなかったし、なす術を持たなかったよ。
あの状況で彼の行動は許されるものではなかったね。
彼はいつも一つの週末で何回かスピンを繰り返しているけれど、全員が揃っている1周目にあの行動は間違っている。
レースは一人でやっているんじゃないんだ。
彼には猛省を促したいね」と、切って捨てた。

なおグロージャンにはこの件で次戦3グリッド降格とペナルティ・ポイントが科せられている。

|

« メルセデスのルイス・ハミルトン、ソフト – ミディアムと繋ぐ1ストップ戦略で変わりやすいコンディション下のスペイングランプリを最速タイムで制す(ピレリ) | トップページ | アロンソ(マクラーレン)のモチベーション低下指摘 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66719109

この記事へのトラックバック一覧です: ヒュルケンバーグ(ルノー)、グロージャンの『蛮行』非難:

« メルセデスのルイス・ハミルトン、ソフト – ミディアムと繋ぐ1ストップ戦略で変わりやすいコンディション下のスペイングランプリを最速タイムで制す(ピレリ) | トップページ | アロンソ(マクラーレン)のモチベーション低下指摘 »