« メルセデスのルイス・ハミルトン、2ストップ戦略で優勝 (ピレリ) | トップページ | ウィリアムズ・デュオ、「ペイ・ドライバー説」に反論 »

2018/05/01

レッドブル、レースの朝に予想していた『同士討ち』

Redbull Duo (C)RedBull Racing
拡大します
アゼルバイジャンGP決勝終盤、共に入賞圏内を走りながらなんと同士討ちという形でレースを終えたレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンだが、その日の朝、すでにチーム首脳はこの事態を予測していたということだ。

これは同チームのクリスチャン・ホーナー代表が明らかにしたもの。
その中でこのイギリス人は、「今回のアクシデントの責任はどちらのドライバーにも等しくある。つまり同罪だ。
以前からこうした事態は予測されていたことなので、今回も決勝レースの朝、われわれは話し合ったんだ。
自由なバトルは許す、しかし万が一にも接触事故などということがあってはならず、必ずお互いのスペースを残すよう厳重に指示していた。
しかしそれでも懸念されたことが起きてしまったのだから、徹底して再発防止策を講じなければならない」と、断じた。

レッドブルは今回のWリタイヤで、獲得すべき22ポイントを一気に失った。

|

« メルセデスのルイス・ハミルトン、2ストップ戦略で優勝 (ピレリ) | トップページ | ウィリアムズ・デュオ、「ペイ・ドライバー説」に反論 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66670853

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル、レースの朝に予想していた『同士討ち』:

« メルセデスのルイス・ハミルトン、2ストップ戦略で優勝 (ピレリ) | トップページ | ウィリアムズ・デュオ、「ペイ・ドライバー説」に反論 »