« 2019年からエアロダイナミックス一部変更へ | トップページ | ピレリタイヤ、復活フランスGPの冠スポンサーに »

2018/05/03

ハミルトン、セーフティカー中のベッテルに不満

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
アゼルバイジャンGPは、昨年セーフティカー・パレード中のハミルトン(メルセデス)にベッテル(フェラーリ)が追突するという因縁の場だが、今年も繰り返されたレース中のセーフティカー導入時にまた騒動が発生した。

今度は昨年とは立場が入れ替わり、ベッテルのほうが先頭で、これにハミルトンが続くというポジション。
ハミルトンによれば、ベッテルはまもなく再スタートというラップで、ストップ&ゴーを激しく繰り返していたという。

「ベッテルはオーストラリアでも同様の危険な行為を繰り返していた。
僕はスチュワードにそれを報告したんだけど、結局のところ彼らは何もしなかったようだね。
先頭がそんなことをしていれば、やがて後続のマシンもみんな同じことをするようになるに違いない。
そしたらいずれ大きな事故になるよ」と、ハミルトン。

ただレースディレクターであるFIAのチャーリー・ホワイティング氏は「危険なシーンはみられなかった」と、静観の構えだ。

|

« 2019年からエアロダイナミックス一部変更へ | トップページ | ピレリタイヤ、復活フランスGPの冠スポンサーに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66674796

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン、セーフティカー中のベッテルに不満:

« 2019年からエアロダイナミックス一部変更へ | トップページ | ピレリタイヤ、復活フランスGPの冠スポンサーに »