« ハミルトン、セーフティカー中のベッテルに不満 | トップページ | ザウバー、ザンダー/テクニカル・ディレクターが離脱 »

2018/05/03

ピレリタイヤ、復活フランスGPの冠スポンサーに

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2011年以来、F1にタイヤを独占供給するピレリタイヤだが、今シーズンから10年ぶりにフランスGPがカレンダーに復活するのを機に、同グランプリのタイトル・スポンサーになることを明らかにした。
これにより同グランプリの正式名称が『F1ピレリ・グランプリ・ド・フランス2018』になるということだ。

同陣営のマリオ・イゾーラ/ヘッド・オブ・カーレーシングは、次のように意気込みをみせた。
「フランスは大きな市場の一つであり、われわれはここをたいへん重要視している。
そしてF1グランプリは多くの人が注目する大イベントであるので、ここでタイトル・スポンサーとして開催の一翼を担えることは光栄に思う」

ちなみにフランスは2006年までF1にタイヤを供給したミシュランタイヤのお膝元でもある。

|

« ハミルトン、セーフティカー中のベッテルに不満 | トップページ | ザウバー、ザンダー/テクニカル・ディレクターが離脱 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66674820

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤ、復活フランスGPの冠スポンサーに:

« ハミルトン、セーフティカー中のベッテルに不満 | トップページ | ザウバー、ザンダー/テクニカル・ディレクターが離脱 »