« トロ・ロッソ・ホンダ、2日目は順調にプログラム消化 | トップページ | G.シュタイナー代表(ハースF1)、グロージャンを擁護 »

2018/05/18

レッドブル、ルノーとの交渉はモナコGP後に

Redbull Renault (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングは、いまだ決まっていない2019年以降のエンジン供給契約について、現在の供給元であるルノー・スポールとの交渉をモナコGP後に行うことを明らかにした。

現在のF1レギュレーションでは、エンジン・サプライヤーに対し5月15日(火)までに翌シーズンの供給体制を申告することになっていたが、FIA(国際自動車連盟)の了解を得て延期されるもの。

ルノー・スポールとは過去幾多のチャンピオン獲得を果たすなど成功を収めたが、2013年を最後にタイトルからは遠ざかっている。
レッドブル・レーシングは現在傘下のトロ・ロッソに供給するホンダの力量を見極めたい考えだが、いまいち決めかねているとみられる。

|

« トロ・ロッソ・ホンダ、2日目は順調にプログラム消化 | トップページ | G.シュタイナー代表(ハースF1)、グロージャンを擁護 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66728866

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル、ルノーとの交渉はモナコGP後に:

« トロ・ロッソ・ホンダ、2日目は順調にプログラム消化 | トップページ | G.シュタイナー代表(ハースF1)、グロージャンを擁護 »