« 今年の日本GPは鈴鹿30周年『アニバーサリー・チケット』 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「今季型マシンの操縦性に難」 »

2018/05/04

米大陸の新GP開催候補地、マイアミが一歩前進か

1981 Las Vegas (C)Williams F1
拡大します
自動車の巨大市場であるアメリスでは、多くのグランプリが行われてきたが、現在はテキサス州オースティンのアメリカGP(US-GP)のみ。
そこでリバティ・メディアはさらに同地域でのグランプリを開催、その候補地としてラスベガスやニューヨーク、マイアミ、ロスアンゼルス等の名前が浮上、ここに来てその一つマイアミが一歩抜きん出たものとみられている。

フロリダ州のマイアミは温暖な気候で知られており、また開催に欠かせない地元自治体のモータースポーツへの理解も深いとされる。
同市は5月の議会でF1開催に向け誘致の採決を行う予定ということで、新たな市街地コースでのグランプリ開催に前進がみられそうだ。

ただ自動車王国アメリカではこれまで他にも多くの都市でF1が開催されてきたものの、ワトキンスグレンやロングビーチ、デトロイト、そしてインディアナポリスなど消滅したグランプリも枚挙に暇がない。

|

« 今年の日本GPは鈴鹿30周年『アニバーサリー・チケット』 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「今季型マシンの操縦性に難」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66681317

この記事へのトラックバック一覧です: 米大陸の新GP開催候補地、マイアミが一歩前進か:

« 今年の日本GPは鈴鹿30周年『アニバーサリー・チケット』 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「今季型マシンの操縦性に難」 »