« アロンソ優遇でトヨタWECチーム内に不協和音か | トップページ | ボタス(メルセデス)は複数年契約を希望 »

2018/05/20

ルノー・スポール首脳、「F1の本質」に言及

Renault 『RS11』&『R25』 (C)Renault F1 UK
拡大します
ルノー・スポールのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターが、「F1の本質」について言及、反響を呼んでいる。
これはドイツの専門誌である『スピードウィーク』に語ったもの。

「いまのF1はあるべき姿を見失っているようだね。
F1は本来、スタートからゴールまで全力疾走する短距離走だった筈。
ところがいまわれわれはF1を戦うのにエンジンの寿命やタイヤの消耗、燃料消費なんかを気にして走っている。
こんなものはF1のDNAじゃないだろう。
信頼性を重視して戦うならWEC(世界耐久選手権)でやればいい。
F1にすべてのものを採り入れるというのは賢い選択じゃない。
リバティ・メディアはF1の方向性について検討を始めているが、ぜひとも正しい判断をして欲しいと願っているよ」

言うまでもなくかつてルノーはF1を知り尽くし王座に輝いてきた名門チームの一つだ。

|

« アロンソ優遇でトヨタWECチーム内に不協和音か | トップページ | ボタス(メルセデス)は複数年契約を希望 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66739390

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・スポール首脳、「F1の本質」に言及:

« アロンソ優遇でトヨタWECチーム内に不協和音か | トップページ | ボタス(メルセデス)は複数年契約を希望 »