« DRS違反もペレス(フォース・インディア)の表彰台確定 | トップページ | レッドブル、レースの朝に予想していた『同士討ち』 »

2018/05/01

メルセデスのルイス・ハミルトン、2ストップ戦略で優勝 (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します

2018アゼルバイジャングランプリ決勝

・チームメイトのバルテリ・ボッタスはデブリによるパンクに見舞われる
・風が強い冷涼なコンディションの下、
・大半のドライバーがラスト4周のスプリントをウルトラソフトで走行
・トップ 10 内で多様な戦略が展開された中、2 ストップが主流

2018年4月29日、バクー

予想された通り、セーフティーカーの登場がアゼルバイジャングランプリの結果に決定的な影響を及ぼしました。終盤のセーフティーカー導入は、上位勢の大半をウルトラソフトへの交換へと促し、スタートタイヤのスーパーソフトで首位を走行していたメルセデスのバルテリ・ボッタスにとっては、有利なピットストップの機   会となりました。リスタート後、ボッタスはデブリによるパンクに見舞われ、チームメイトのルイス・ハミルトンが 2 ストップ戦略で優勝しました。

スタート時、大半のドライバーがスーパーソフトを装着した中、全3種類のコンパウンドがスターティンググリッドで見られました。また、多くのドライバーが3種類のコンパウンドをレースで使用しました。2回のセーフティーカーがレースに影響を及ぼし、トップ 10 内で6種類の異なるタイヤ戦略が展開されました。このセー
フティーカーの導入によって、シーズン中で2番目に長いサーキット上でのタイヤの摩耗とデグラデーションが抑制されました。

ピレリカーレーシング責任者マリオ・イゾラのコメント:「アゼルバイジャングランプリでは多様な戦略が展開されました。状況によって変化する戦略の中で、全3種類のコンパウンドが使用されたレースを興味深く見守りました。セーフティーカーによる中断がレース結果に大きな影響を及ぼしましたが、ボッタスは、スーパーソフトでの非常に長いオープニングスティントを見事にマネージしていました。また、優勝したハミルトンは、全3 種類のコンパウンドを使用してあらゆる局面をうまく活用しました。冷涼なコンディション、長いストレート、イエローフラッグやセーフティーカーによる中断などによる状況下、特にリスタート時のタイヤ温度のマネージは難しいものとなりました。ベストリザルトの6位を獲得した Formula2チャンピオンのシャルル・ルクレールを祝福したいと思います」

ピレリジャパン・プレスリリース

12Truthometer:
ルイス・ハミルトンが 2 ストップ戦略で優勝しました。スーパーソフトでスタートしたハミルトンは、22 周目にソフトへ、そしてセーフティーカー導入周回中の 40 周目にウルトラソフトへ交換しました。トップ 3  が全く異なる戦略を採りました。

|

« DRS違反もペレス(フォース・インディア)の表彰台確定 | トップページ | レッドブル、レースの朝に予想していた『同士討ち』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66670638

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスのルイス・ハミルトン、2ストップ戦略で優勝 (ピレリ):

« DRS違反もペレス(フォース・インディア)の表彰台確定 | トップページ | レッドブル、レースの朝に予想していた『同士討ち』 »