« シロトキン(ウィリアムズ)にペナルティ・ポイント | トップページ | ペレス(フォース・インディア)にペナルティ・ポイント »

2018/04/30

グロージャン(ハース)、「ブレーキ・バランス誤った」

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
アゼルバイジャンGP決勝レース終盤、アクシデント処理のため2度目のセーフティカー・ラップが行われた際、なんとグロージャン(ハース)がウィービングをミスしウォールにクラッシュする単独事故を演じた。

これについてグロージャンは「スイッチ操作を誤った」と釈明している。
「あのときセーフティカーの先導でタイヤが冷えるのを防ぐため、他車と同様にウィービングをしていた。
ところが誤ってステアリングホイールに付いているブレーキ・バランスのスイッチに触れてしまい、リヤブレーキをロックさせてしまったんだ。
そのため突然マシンコントロールを失ってクラッシュしてしまった訳。
せっかく最後尾から追い上げていたのに、ほんとうに残念だよ」

予選ノータイムで最後尾スタートだったグロージャンだが、アクシデント当時6番手まで順位を上げていた。
なお、ガレージに戻ったグロージャンがバックヤードでクローブを叩きつけて悔しがったが、皮肉にも国際映像はそこまで追い掛けていた。

|

« シロトキン(ウィリアムズ)にペナルティ・ポイント | トップページ | ペレス(フォース・インディア)にペナルティ・ポイント »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66666649

この記事へのトラックバック一覧です: グロージャン(ハース)、「ブレーキ・バランス誤った」:

« シロトキン(ウィリアムズ)にペナルティ・ポイント | トップページ | ペレス(フォース・インディア)にペナルティ・ポイント »