« 入賞エリクソン(ザウバー)、「1ストップ作戦」が功を奏す | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、ホンダの進歩認める »

2018/04/12

戦闘力欠いたウィリアムズ・チームに危機感

Williams Mercedes 『FW41』(C)Williams F1
拡大します
今季は開幕戦から苦戦、現在全10チーム中唯一ノーポイントで最下位に沈んでいるウィリアムズ・チーム。
これを受け、早くも周囲からは今季のマシン『FW41』は失敗作では、との厳しい指摘がされてる。

これについて同チームのクレア・ウィリアムズ副代表は、「評価を下すにはある程度の時間が必要」とはしたものの、チームが厳しい苦境にあることは認めた。

また今季のマシンについて同チームの開発ドライバーであるベテランのロバート・クビサも、「明らかにわれわれのペースは不十分だ。
残念ながら、バルセロナでのシーズン前テストの段階ですでにその兆候は表れていた。
そして問題はまだ解決に至ってない」と、こぼした。

ウィリアムズ・チームは2015-2016年はランキング5位、その前年にはプライベートチームながら堂々ランキング3位に位置していた。

|

« 入賞エリクソン(ザウバー)、「1ストップ作戦」が功を奏す | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、ホンダの進歩認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66598791

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘力欠いたウィリアムズ・チームに危機感:

« 入賞エリクソン(ザウバー)、「1ストップ作戦」が功を奏す | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、ホンダの進歩認める »